ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2019年6月号 食欲不振

①体調不良で一時的に食事があまり摂れていない

食欲が落ちて全体的な食事摂取量が減ると栄養不足となり筋力の低下、免疫力の低下につながります。

低栄養予防にエネルギーたんぱく質の補給が重要!

①体調不良で一時的に食事があまり摂れていない

●口にしやすいものを選びましょう

おかゆ・雑炊・うどんなど おかゆ・雑炊・うどんなど
卵豆腐・茶碗蒸し・豆腐・ヨーグルト・アイスクリームなど 卵豆腐・茶碗蒸し・豆腐・ヨーグルト・アイスクリームなど
栄養補助食品の利用も手軽でエネルギー補給しやすいです 栄養補助食品の利用も手軽でエネルギー補給しやすい
よく噛んで、ゆっくりと食べ、胃の負担を少なくしましょう

●1度に食べられない時は、数回に分けて食べましょう

●よく噛んで、ゆっくりと食べ、胃の負担を少なくしましょう

ポイント

食べやすいメニューには、リン・カリウム・塩分・水分が多く含まれるものもあります。 普段の食事リズムを取り戻すまでの調整メニューとして、ご活用ください。

②食事摂取量が少なく、しばらくの間続いている

②食事摂取量が少なく、しばらくの間続いている

●ご飯が食べづらい…

  • ご飯の形を変えてみる → おにぎり、お粥など
  • 味付きご飯に変えてみる → 炊き込みご飯、ちらし寿司、チャーハン、ふりかけなど
  • パンや麺に変えてみる

●おかずが食べづらい…

②食事摂取量が少なく、しばらくの間続いている
  • のどごしの良いものを選ぶ→豆腐、卵豆腐など。
  • 味付けを工夫する→一品だけ濃いめの味付けにしてメリハリをつける
    香味野菜(生姜・にんにくなど)、香辛料(唐辛子、カレー粉など)、酸味(酢、レモン汁など)を利用する
  • 献立に変化をつける→献立に変化をつける→甘い⇔辛い、熱い⇔冷たいなど

●あっさりしたものが多くなっている

②食事摂取量が少なく、しばらくの間続いている
  • 油脂を上手に使う。(エネルギーUPに効果的)
    オリーブオイル・アマニ油・ごま油など副食に加える。
②食事摂取量が少なく、しばらくの間続いている

●間食や栄養補助食品を利用する

食欲不振

食欲不振の原因は、人それぞれ異なります。
その状態に合わせた食事を栄養士と一緒に考えていきましょう。


透析食レシピ紹介 混ぜて焼くだけ 簡単鶏肉つくね
透析食レシピ紹介 混ぜて焼くだけ 簡単鶏肉つくね

生姜を利かせ、柔らかく食べやすい1品となっています。 絹ごし豆腐の水切り不要です。
ボールに合わせてスプーンで混ぜるだけの簡単料理。そのままスプーンですくって焼くだけです。
一口サイズに分け、茹でてもOK。耐熱皿に隙間をあけて並べ電子レンジ(600Wおよそ6分)調理もOKです。
電子レンジはお使いの機種により多少誤差があります。

1人分の栄養素:

エネルギー:211kcal、たんぱく質:17.6g、脂質:13.7g、リン:100mg、カリウム:282mg、食塩相当量:0.8g

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉………………………150g
  • 絹ごし豆腐………………………50g
  • 大葉………………………………5枚
  • A
    • 生姜チューブ………小さじ1強
    • 味噌……………………小さじ1
    • 醤油……………………小さじ1
    • 酒………………………小さじ1
  • 油……………………………大さじ1

作り方

  1. 大葉3枚をみじん切りにする。(添えに2枚置いておく)
  2. 絹ごし豆腐と①の大葉、Aの材料をボールで混ぜ合わせる。
  3. ②に鶏ひき肉を加え、混ぜ合わせる。
  4. ボールの中で8等分にしておく。
  5. フライパンに油をひき両面をフタをして蒸し焼きにする。

美味しく減塩するためには「計量」が大切です。
醤油などの液状のものは計量スプーンを水平に持ち、表面張力で液体が盛り上がる程度注ぎ入れ、味噌はすりきり計りましょう。