ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2010年6月号 食中毒予防+梅雨を乗り切る食事

これからの季節は蒸し暑かったり肌寒かったりと体調を崩しやすく、食欲も落ち気味になります。また、食べ物も傷みやすく、食中毒が多く発生する時期です。特に、低栄養で抵抗力の弱いお年よりは、注意が必要です。

梅と酢

お浸しや炒め物に梅干しや酢を少し加えると、さわやかな酸味と風味で食欲をアップさせ、酸味の元であるクエン酸は疲労回復に効果があります。
また、菌が増えるのを抑える効果があるので、食中毒の予防も期待できます。

わさび・生姜・大葉

昔から生ものに薬味として添えられているわさびや生姜・大葉には抗菌効果があります。刻んだり、すりおろしたりして料理に加えれば味にアクセントがついて食欲が増すので、食中毒を予防しながら美味しく食べる事が出来ます。
さらに、消化を助ける作用もあります。

どうしても食欲がなく食べられない時は、手軽にエネルギーを補給する為に市販の栄養補助食品を利用してみてはいかがでしょうか。

商品の詳しい説明や購入方法は、当施設 管理栄養士にお気軽にお問い合わせください。