ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2010年12月号 年末年始の食事について

年末年始の過ごし方

なるべく適正体重を維持するために、こまめに体重測定をしましょう。

この時期はつい飲み過ぎ、食べ過ぎたりしてしまいます。また、年末年始の食事は高塩分・高カロリーのものが多く、塩分・糖分の摂り過ぎは喉の渇きを誘い、過剰な水分摂取に繋がります。体重維持のためにもこの時期の食事のポイントを押さえましょう。

食べ過ぎ・飲み過ぎに注意しましょう。

大皿や重箱などに盛り付けられている場合、どれだけ食べたか把握しにくいので一人分ずつ盛り付けると把握しやすくなります。

薬が処方されている方は忘れずに飲みましょう!

年越しそば

~食べ方のポイント~

  • つゆは味見程度にすると、塩分摂取が少なくなります。
    かけそば・うどん→ざるそば・うどんにすると約2gの塩分を控えることができます。
  • 麺類は、肉や卵等の蛋白質源と野菜を加える事によってバランスが良くなります。
    ただし、野菜は茹でこぼしをして、カリウムを減らしましょう。
  • そばはリンが多くなっています。気になる方はうどんへ変更してみてはいかがでしょうか?
かけそば
※そば(茹で)200g
かけうどん
※うどん(茹で)200g
かけそば かけうどん
カロリー(kcal) 340 286
蛋白質(g) 11.9 7.5
リン(mg) 219 95
カリウム(mg) 186 136
食塩相当量(g) 4.0 4.6
+
かまぼこ
※2枚20g
海老天ぷら
※中1尾23g
山菜
※31g
油揚げ
※20g

※1個60g
カロリー(kcal) 19 59 8 77 91
蛋白質(g) 2.4 4.7 0.6 3.7 7.4
リン(mg) 12 54 11 46 108
カリウム(mg) 22 59 23 11 78
食塩相当量(g) 0.5 0.1 0 0 0.2

※油揚げは汁を吸うので、食塩を含むことになります。

餅料理

角切り餅2個100g=ご飯約140gと同じカロリーです。特に糖尿病のある方は食べ過ぎに注意しましょう。

~食べ方のポイント~

《 雑煮 》・野菜等で具だくさんにし、汁の割合を減らしましょう。
・お餅は焼いてから入れることで、風味がつき、薄味でも満足できます。

《 安倍川餅 》・きなこには、カリウム・リンが多く含まれています。

《 ぜんざい 》・小豆には、カリウム・リンが多く含まれています。汁は少しでも残すと良いでしょう。

雑煮(醤油味)
※鶏もも肉30g
安倍川餅
※きなこ大さじ2杯12g
磯辺餅 ぜんざい
※茹であずき缶詰100g
餅 雑煮 安倍川餅 磯辺餅 ぜんざい
※ぜんざいのみ餅1個
カロリー(kcal) 235 331 316 253 336
蛋白質(g) 4.2 11.2 8.7 5.3 6.5
リン(mg) 78 193 144 99 119
カリウム(mg) 66 594※2 298 117 193
食塩相当量(g) 0 1.2 0.3 0.9 0.3

※上記は、ぜんざい以外は餅50g×2個使用の場合で栄養計算しています。ぜんざいは餅1個分で計算しています。
※2 雑煮中の野菜は茹でこぼしをしていない状態での計算です。茹でこぼしをすると、カリウムが低下します。

おせち料理

おせち料理は家族の幸せを願う縁起の良い料理です。

~食べ方のポイント~

  • 野菜が少なくなりがちです。紅白なますやたたきごぼう等も取り入れると野菜が摂りやすいかと思います。
    お作りになる場合は水さらしや茹でこぼしをしましょう。
  • おせちは高塩分です。少量にするか、前後の食事は薄味にする等調節して下さい。
おせち料理