ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2011年11月号 秋から冬へむけてワンポイントアドバイス

食欲の秋も経過して 段々寒い日がふえてきます。
汗をかきづらく、活動量も減る時期です。
体重増加は 心臓に負担がかかりますのでリンやカリウムを気をつけるとともに体重増加を最小限にしていきましょう。
献立にも食材にも コツがあります。一緒に考えていきましょう。

小松菜

小松菜煮物炒めもの何にでもつかえます。
ビタミンC 鉄など含みます。
ただ カリウムがとても高いです。
必ず ゆでて 茹で汁をすてましょう。
目安は 1日80g1株です。

大根

大根ブリ大根も良いですが、だしで薄く炊いてふろふき大根にしてみてはどうでしょう。水にさらして、なますにしてみるのもよいですね。大根には、食べ物の消化を助ける酵素が含まれています。疲れた胃に優しい食材です。

白菜

白菜水気を多く含み 使いやすい野菜です。
この時期から 更においしくなります。
カリウム 食物繊維を含みます。
なべ物・ぎょうざの具・サラダ・炒めものなどにも利用できます。
細かく切って水にさらすと、カリウムが流れ食感は残ります。

かき

かき海のミルクと言われています。亜鉛や鉄・マグネシウムなどミネラルが豊富です。食べすぎは避けましょう。
目安は 1日に5個~7個です。食べ過ぎないようにアクセントとして使用しましょう。

ぶり

ぶりこの時期は 脂がのって味は濃厚です。
リンも少なめです。
照焼で食べるが一般的ですが、刺身や塩焼きであっさりと食べるのも上品です。しゃぶしゃぶにして カリウムを減らすこともできます。
目安量は 1日1切れ80~100gです。

みかん

みかんおこたにみかん
聞くだけで冬が連想されます。
ビタミンCが豊富ですが、ほとんどが水分です。
1日の目安は中1個(70g)です。

鍋料理

鍋料理どうしても 多くなる時期です。
煮汁は飲まなくても 具が吸い込んでいます。味付けは、はじめに物足りないかな?
くらいが ちょうどです。調味料はいつもの半分で 味付けしてみましょう。

お鍋の後の 雑炊やうどんは 楽しみの一つです。ただ 煮汁もすべて吸いこんでしまいます。できれば 透析が 中1日のときだけにしてみましょう。

食事を食べ終わって喉がかわくようなら 塩分の取り過ぎです。
体には、塩分濃度を保つ働きがあります。そのため、のどの渇きを我慢することはできません。


体重を測る習慣をつけましょう体重が増えやすい時期です。
毎日、体重を測る習慣をつけましょう。