ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2012年6月号 カリウムについて

なぜカリウムを管理しないといけないの?

なぜカリウムを管理する必要があるの?

カリウムについてカリウムは体にとってちょうどよい量が決まっており、腎臓がその調整を行っています。
しかし、透析患者さんでは、腎機能が低下しているためカリウムを排泄できず、体内に蓄積してしまいます。

カリウム管理をしっかり行わないとどうなるの?

血清カリウム値が異常に高くなると

  • 手足のしびれ、脱力感、悪心、不整脈、 ひどい場合は心停止に至ります。
  • カリウムが基準範囲内であれば、 問題ないと言われています。

透析患者さんの血清カリウム値の目標は3.5~5.5mEq/L

なぜ食事療法が重要なの?

透析で除去できるカリウムの量には限界があります。 そのため、血清カリウム値が基準より高い時は、食べ物から体内へ入ってくるカリウムの量を見直す必要があります。

カリウムの摂りすぎを防ぐにはどうしたら良いの?

  • 食事をバランス良く食べましょう
  • 生野菜の茹でこぼしをしましょう
  • 普段食べる物の中でカリウムの多い食品を知っておきましょう
    わからない場合は、管理栄養士に相談してみましょう

夏の食べ物のカリウム量はどれくらい?

どれも口当たりが良く、食べやすい物ですね。
つい食べ過ぎてしまわないよう、あらかじめ食べる量を決めておくのも良いですね。

カリウムについて