ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2012年11月号 食品添加物のリンについて

食品添加物は、食中毒の防止や食品の劣化予防のために、私達の健康を脅かすことのないように使用されているもので、ある程度は必要なものであります。
しかし、加工食品ばかりに頼りすぎるとリンの摂りすぎになってしまいます。食べ過ぎに注意することはもちろん、食品添加物を減らすように心掛けることでも、リンコントロールに役立ちます。
今月は食品添加物の減らし方についてお話したいと思います。

どんな食べ物にリンが多く含まれてるの?

食品添加物のリンについて

食品添加物を減らすコツ

ハム、ソーセージの場合

食品添加物のリンについて ハムは湯通しする。
ソーセージは裏表に切れ目を入れるなど、表面積を大きくして2~3分下茹でします。
これで、保存料や添加物は半減します。炒めても添加物は減らないので、炒める前にさっと湯通しすると良いです。

魚肉・練り製品の場合

ちくわ、かまぼこなどの練り製品は、下茹でしてから使いましょう。おでんの具などに使うときもそのまま一緒に煮るより、分けて下茹でした後、煮汁を捨てから味付けすると良いです。
かまぼこは薄くスライスしてから茹でると良いです。

インスタントラーメン・中華麺の場合

麺をゆでたら茹で汁を捨てて、新しいお湯でスープを作りましょう。
カップ麺でも、かやくと麺が別々のものを選んで、同様に作ると添加物が減少します。

食品添加物のリンについて