ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2016年5月号 ロコモティブシンドロームを予防しよう

あなたは大丈夫?ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは・・・

骨、関節、軟骨、椎間板、筋肉といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態。(略称:ロコモ)

ロコモティブシンドロームを予防しよう

透析患者さんに特に起こりやすいのが、転倒・骨折です

ロコモティブシンドロームを予防しよう 透析患者さんは、ミネラル代謝(カルシウムやリン)とホルモンバランス(活性型ビタミンD)の崩れにより骨密度が低下しやすい状態です。

ロコモ予防と対策

①適度な運動

ロコモティブシンドロームを予防しようできるだけ体を動かすように心がけ、運動により筋肉の量と力の低下を予防することが大切です。積極的な運動をする際には、体に負担がかかる場合もあります。事前に主治医に相談しましょう。

②バランスの良い食生活

  • ロコモティブシンドロームを予防しよう 良質なたんぱく質の摂取を心がける
    たんぱく質は、筋肉を作るために必要な栄養素です。
    過度な食事制限に注意し、筋肉量の維持・増加に役立つ良質なたんぱく質を摂りましょう。
  • エネルギー不足に注意
    透析間の体重増加を防ぐため、食事量を減らしすぎていませんか?
    エネルギーが不足すると、筋肉を構成するたんぱく質を使ってエネルギーに変えるため、筋肉が減り、痩せにつながります。
    栄養バランスの良い食事と適正なエネルギーの摂取を心掛けましょう。

鶏肉のカレー風味炒め