ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2016年7月号 夏バテ予防の食事~低栄養予防~

暑い夏、食事をしっかり食べることができていますか?
あっさりしたもの、冷たいもの、冷たい麺類だけなど、偏った食事にはなっていませんか?
このような食生活を続けていると、低栄養状態になり、体力が落ち、抵抗力がなくなってしまいます。
・あっさりしたもの:脂質が少ないので、エネルギー不足になりやすい
・冷たいもの、冷たい麺類だけ:胃腸に負担がかかり、消化不良・食欲低下などを起こす原因になりやすい


食事のポイント

夏バテ予防の食事~低栄養予防~①あっさりしたものを食べる場合

栄養バランスに注意しましょう

  • あっさりしたものは、食べやすいですが、このような食事に偏るとエネルギーやたんぱく質が少なくなってしまいます。他の食材を補い、バランスよい食事にしましょう。

夏バテ予防の食事~低栄養予防~②冷たいものを食べる場合

おやつに冷たいものを食べるとき

  • かき氷、シャーベット、アイスクリームなどは2日に1回にしましょう。
  • 小ぶりのものを選びましょう。
  • 同時に、冷たい飲み物を飲むことは控えましょう。

夏バテ予防の食事~低栄養予防~冷たい主菜を食べるとき

  • 副菜は温かい料理にしましょう。

夏バテ予防の食事~低栄養予防~冷たい麺類を食べるとき

  • 冷やしうどんを食べるときは、具を工夫しましょう。薬味の他にも、たんぱく質や野菜などを取り入れてみましょう。オリーブオイルを加えることで、エネルギーアップができます。
  • そうめんチャンプルのように、いろいろな具材と炒めることで、脂質、たんぱく質も同時に補うことができます。

夏バテ予防の食事~低栄養予防~減塩対策
そうめんやうどんには塩が含まれていますので、食べ過ぎると塩分摂取過剰になります。

  • 1日1食までにしましょう。
  • 酢や香辛料、生姜などを効かせ、つゆの量を減らしましょう。

おすすめの食材

夏バテ予防の食事~低栄養予防~①「酸味」、「香辛料」、「香味野菜」で疲労回復、胃酸の分泌を促進酸味(酢、レモン汁)、香辛料(唐辛子、カレー粉、わさび)、香味野菜(生姜、にんにく、みょうがなど)などは、疲れた胃を刺激し、食欲増進に効果的です。

夏バテ予防の食事~低栄養予防~②豚肉はたんぱく質の他に、エネルギーの代謝を助けるビタミンB1が豊富に含まれています。
スタミナ食材としてお勧めです。


食欲増進 豚肉ともやしの炒めもの