ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2016年12月号 年末・年始の食事管理

水分・塩分・カリウムのコントロール

  1. 年末・年始の食事管理水分、塩分のとりすぎで、透析間の体重増加が大きくなります。除水量が多くなると透析中の血圧低下へと繋がります。
  2. 高カリウム血症の症状は「くちびるがしびれる」「手や指がしびれる」「だるい、体が重い」「話しにくい」「胸が苦しい」となり、突然、心臓障害(不整脈など)を起こすおそれがあります。

年末・年始の食事の特徴と対策

年越しそば

年末・年始の食事管理 年越しそばの汁は塩分を多く含みます。

  • 汁は残すようにしましょう。
  • 年越しのタイミングで食べる場合、その日の食事は4食となります。1食ずつ食べる量の調整を行い、食事摂取量、塩分摂取量が多くなりすぎないようにしましょう。

お節料理

お節料理は保存をきかせるため、塩分と砂糖が多く、喉が渇く味付けになっています。

  • あらかじめ食べる量を取り分け、食べすぎを防ぎましょう。
年末・年始の食事管理

お雑煮

年末・年始の食事管理 汁は塩分を多く含みます。
お餅や野菜をたくさん入れて、汁は残し具を食べるようにしましょう。


揚げもちおろし