ホロニクスグループ 栄養管理部

透析食だより

2018年6月号 麺類について

麺類について

簡単に調理ができて、喉ごしが良く食べやすい麺類ですが、塩分、水分共に多いメニューであり、麺の種類によってはリンも多く含まれるため、注意が必要です。 麺類を食べる時のポイントを再確認し、良好な透析食生活の維持につなげてください。

麺類を食べる時のポイント

塩分、水分を抑えるコツ

塩分、水分を抑えるコツ

●汁は全て残す

  • 汁を全て飲んだ時と比べ、食塩摂取量は2~3g、水分は200g程、減らすことが出来ます。

●炒め麺、つけ麺タイプのメニューにする

  • 焼きうどん、スパゲティ(ナポリタン、ペペロンチーノなど)、そうめん

また、透析が2日空く日を避けたり、前後の食事にはカレーや寿司、汁物など塩分、水分が多いメニューを重ねないようにすることも、透析間の過剰な体重増加を防ぐポイントです。

食塩相当量 水分量

ポイント 定食と比べ、麺類は単品でも塩分が多いため、食べる頻度が多くならないようにしましょう。

リンを抑えるコツ

リンを抑えるコツ

●蕎麦は食べる頻度に注意する

  • リンの少ない麺(うどんやそうめんなど)に変えましょう。
麺類のリン含有量

参考・透析ケア2014年2月号  ・毎日の食事のカロリーガイド  ・腎臓病早わかり食品成分表


サラダうどん

タレをからめるタイプの麺類のため、水分摂取量を抑えることが出来ます。

1人分の栄養素:

エネルギー:456kcal、たんぱく質:18.0g、脂質:18.9g、カリウム:296mgリン:206mg、食塩相当量:1.9g

サラダうどん

作り方

  1. レタスは食べやすい大きさに手でちぎり、水にさらしておく。(30分以上)
  2. 卵は茹で卵にし、半分に切っておく。
  3. めんつゆ、豆乳、すりごまを混ぜ合わせて豆乳だれを作り、冷蔵庫で冷やしておく。
  4. 鍋に湯を沸かし、うどんを茹でる。茹で上がったらざるにあげ、流水で軽く冷やし、水気を切っておく。
  5. 器にうどんを盛り付け、レタス、ミニトマト、茹で卵、ツナをのせる。
     その上にオリーブ油、冷蔵庫で冷やしていた豆乳だれをかけて完成。

材料(1人分)

  • うどん(茹で)…1玉(220g程)
  • トッピング
    • 卵……………1コ
    • ツナ缶………25g
    • レタス………1枚(約30g)
    • ミニトマト…2コ(約20g)
  • 豆乳だれ
    • すりごま……小さじ1杯(3g)
    • 豆乳…………大さじ1杯(15㏄)
    • めんつゆ(2倍希釈)…小さじ2杯(10㏄)
  • オリーブ油……小さじ1杯(4g)