1

ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2011年6月号 日焼け~美肌の大敵~

日焼け~美肌の大敵~太陽光線に含まれている紫外線は、人体に有害なもの。メラニン色素はこうした紫外線を吸収し、体内組織を守る働きをしています。紫外線を浴びすぎると、皮膚の免疫力が低下する、活性酸素を発生させて皮膚細胞の遺伝子を傷つけるなどの害が生じます。

日焼けで赤くなるタイプの人は、メラニン色素が産生されにくく紫外線の害を受けやすいので特に入念な日焼け対策が必要です。

紫外線に負けない肌作り

紫外線の害を防ぐ栄養素

紫外線の害を防ぐ栄養素活性酸素対策として、抗酸化作用のあるビタミンCとEを一緒にとると相乗効果が期待できます。Β‐カロテンやポリフェノールなども有効です。
ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。

しみ・そばかすの色を薄くする栄養素

しみ・そばかすの色を薄くする栄養素ビタミンCはメラニンの生成を抑える、メラニン色素を還元するというダブルの美白効果があります。
ビタミンB2は肌の新陳代謝を高めてメラニン色素を排泄してくれます。