1

ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2013年9月号 災害時クッキング

災害時クッキング非常時に備え、各地方自治体では、さまざまな物資を備蓄しています。非常食や毛布・医薬品などほとんどの品物は市販品であり、各家庭でもとりそろえることができます。いざという時のために日頃から備えておきましょう。

  • 日頃から利用できる長期保存が可能な食品をかい置きし、賞味期限をチェックして、日頃の食生活で利用しながら保存しておきましょう。
  • 乳幼児、高齢者、食物アレルギーや慢性疾患などの対象者がいる人は、必要な食品を用意しましょう。
  • 電気、ガス、水も止まることもあるので熱源、調理器具、食器も用意しましょう。
  • 3日分程度の食品の備えをしましょう。
ライフライン(電気・ガス・水道)が途絶えた場合の献立例