ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2015年3月号 薄味に慣れよう

薄味に慣れよう 塩分は、私達の食事では切り離せないものですが、摂り過ぎると、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の原因になったり、胃がんのリスクも高くなります。
濃い味に慣れている人が、いきなり薄味にすると、味気なく感じて食欲がなくなったり、長続きしません。食品の選び方や料理方法を工夫して、できることから始めてみませんか。

食品の選び方

  • 薄味に慣れよう煮干し・だし鰹・昆布などのだしの旨みを利用しましょう。
  • 酢・レモン・すだちなどの酸っぱさは味のアクセントになります。
  • 香辛料(こしょう・カレー粉・とうがらしなど)や香味野菜(みつば・わさび・パセリなど)などの香を利かしましょう。
  • ごま油・オリーブ油・植物油などを一滴たらすとこくと旨みが加わります。

料理の工夫

  • 薄味に慣れよう味はしみこませず、最後に表面に絡めるようにします。
  • 焼く・揚げるなどで香ばしさをプラスします。
  • 醤油やソースは「かける」よりつけて食べたほうが少量ですみます。
  • 汁物は具たくさんにして汁の量を減らし、野菜からは旨みが出ます。

絹さやのたまごとじ