ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2015年4月号 朝ごはんを食べよう

朝ごはんを食べよう あなたは毎日、朝ごはんを食べていますか? 朝ごはんの欠食率は男女ともに高く、20~30代でピークになることが近年問題視されています。今日1日を元気に過ごすために、なぜ朝ごはんが大切なのでしょうか。

脳に栄養、集中力UP!

脳は、たくさんのエネルギーを必要とします。そのエネルギー源は、ごはんやパンなどに含まれる炭水化物を、体内で消化・吸収して得たブドウ糖です。朝ごはんを食べることにより、エネルギーが補給され、脳が活性化し、集中力が高まります。

生体リズムを整えて、心身すっきり快便快調!

人には体内時計というおよそ24時間で変動する生体リズムがあります。生体リズムは排便を調整する自律神経に関係しており、朝ごはんを食べることで生体リズムが修正されたり、便意を起こすきっかけになります。

1日3食食べて、生活習慣病を予防

欠食すると、次の食事で血糖値が上がりやすくなります。血糖値の増減の幅が広いと、その分血管に与えるダメージも大きくなります。結果、生活習慣病の引き金にもなりかねません。

家族団欒の時間を

朝ごはんは、昼・夕ごはんよりも家族が揃いやすい時間です。朝ごはんの時間をお子さんとの会話の時間にしてみてはいかがでしょうか。

春キャベツのおにぎらず