ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2016年3月号 花粉症予防

花粉症予防 花粉症は、スギ・ヒノキ・イネなどの花粉が原因で起こるアレルギー疾患の総称です。
代表的な症状として、目のかゆみ・充血、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどがあります。

日常生活での注意点

花粉症予防
  • 花粉の飛散が多い日は外出を控える
  • マスクやメガネの着用
  • 洗顔やうがいの徹底
  • 帰宅時に玄関で花粉を落とす(滑らかな衣類の着用も有効です)
  • 充分な睡眠をとり、規則正しい生活を送る
  • 禁煙(煙に含まれる有害物質が鼻や目の粘膜を刺激します)
  • アルコールの摂取を控える(鼻の粘膜の毛細血管が広がり、鼻づまりの原因となります)

食事のポイント

①バランスのとれた食事を摂りましょう

花粉症予防主食・主菜・副菜を揃えた食事を心がけ、糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することが、免疫力を高め、花粉症の予防になるとされています。

②腸内環境を整えましょう

花粉症予防 免疫力を高めるには体内の腸内細菌を正常に保つことが重要とされ、特に発酵食品や食物繊維が有効であるとされています。

発酵食品…(例)ヨーグルト・納豆・味噌など

腸内環境を整える善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を含みます。これらの生きたまま腸に到達できる乳酸菌やビフィズス菌などの微生物を含む食品をプロバイオティクスといいます。

食物繊維…(例)野菜・きのこ・海藻など

排便促進効果が期待でき、また、水溶性食物繊維は善玉菌を増殖させるプレバイオティクスの一種とされ、腸内での有害物質の生成を抑制する働きがあります。


春キャベツのコールスローサラダ~ヨーグルト風味~