ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2019年2月号 チョコレート

チョコレート

バレンタインデーの時期に、チョコレートをお求めになる方も少なくないはず。
高級な物からリーズナブルな物まで、たくさんのチョコレートが出回っていますよね。
今回は、チョコレートの歴史などについてご紹介したいと思います。

日本でのチョコレートの歴史

寛政9年(1797年) 寛政9年(1797年)史料に残るなかでは、日本で最初の「チョコレート」の記録がある。
長崎出島に滞在したオランダ人が、遊女に与えたとされる。
安政7年(1860年) アメリカへの使節団派遣を皮切りに、海外使節団・海外留学生が諸外国へ。
明治4~6年(1871~1873年) 明治4~6年(1871~1873年)使節団を欧米に派遣、明治6年フランスでチョコレートの製法や材料であるカカオ豆の産地情報を調査した記録が残されている。
明治11年(1878年) 明治11年(1878年)新聞に、チョコレート製造の記事や、広告を掲載。
その後、文明開化が進むにつれチョコレートの製造や販売が増え、少しずつ身近なものになっていく。
明治32年(1899年) チョコレートの工場生産が始まる。
昭和 チョコレートが一般に受け入れられ、多くの製品が出回るが、戦争によって工場が閉鎖したり、カカオ豆の輸入が途絶え生産は中断。
戦後しばらくは、外国産のチョコレートや、国産のチョコレート代用品が流通する。
昭和26年(1951年) カカオ豆の輸入開始、日本のチョコレート生産が再開する。
昭和35年(1960年) カカオ豆・ココアバターの輸入が自由化、様々なチョコレート製品が製造される。

【参考:日本チョコレート・ココア協会HP】

チョコレートチョコレートにはこのような歴史があり、さらに現在ではバラエティに富んだ製品が出回り、人気です。
その中に“カカオポリフェノール”と書かれたパッケージを見る機会が増えてきました。
カカオポリフェノールとは、カカオ豆に含まれるポリフェノールのことで、血管を広げる作用による血圧低下や、抗酸化作用による動脈硬化予防・老化予防などが期待され、研究されています。

本日のレシピ クリームチョコブリュレ バレンタインにおすすめのデザートです

栄養量(1人分):エネルギー223kcal・たんぱく質4.1g・脂質25.0g・食物繊維4.1g・食塩相当量0.1g

クリームチョコブリュレ

作り方

  1. チョコレートを細かく砕く。
  2. 小鍋に牛乳と生クリームを入れて沸騰直前まで加熱したら火を止めて1を加え、混ぜ合わせる。
  3. ボウルにグラニュー糖と卵黄を入れて泡立て器で薄い黄色になるまで混ぜ合わせる。
  4. 3のボウルに2を少しずつ加え、よく混ぜ合わせる。
  5. 小鍋に移して沸々としてきたら全体を軽く混ぜて、ココット皿1/3量ずつ入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、30分以上冷やす。
  6. グラニュー糖(レシピ分量外)をまぶしてバーナーで表面を焼いて完成。バーナーが無ければスプーンを火であぶって押し当てても良い。

材料(小さめのココット皿3個分)

  • チョコレート…60g
  • 牛乳……………100cc
  • 生クリーム……100cc
  • グラニュー糖…30g
  • 卵黄……………1個