ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2019年8月号 食品の保管について

夏場は高温多湿な環境になりやすく、食中毒の原因になる細菌が増殖し、食中毒が多くなります。
また夏バテなどによる抵抗力の低下が、より食中毒になりやすい原因です。
毎年8月は厚生労働省より「食品衛生月間」を定めており、注意喚起を行っています。

食品の保管について

●肉・魚類

食品の保管について

保管方法 冷蔵庫(5℃以下)で保管する。

注意 家庭用冷蔵庫はドアの開閉が多いので庫内温度が一定しません。
冷蔵庫内の温度が低い部分(冷気の吹き出し口)やチルド室や氷温室を使用しましょう。

●卵類

食品の保管について

保管方法 冷蔵庫(10℃以下)で保管する。

注意 卵にはサルモネラ菌が付着している場合があります。卵の割り置きをすると急激に菌が増殖するので危険です。
冷蔵庫内の温度が低い部分(冷気の吹き出し口)やチルド室や氷温室を使用しましょう。

●野菜類

食品の保管について

注意 肉・魚・卵と一緒に料理する場合は作業が交差しないようにしましょう。
生肉・魚・卵を使用した調理器具の後に洗わず、野菜を触るのは危険です。

食中毒の対策は(厚生労働省HPより)

細菌をつけない

1.細菌をつけない

手にはたくさんの雑菌がついてます。食中毒の原因になる細菌を食品につけないために必ず手洗いをしましょう。

ポイント 料理を始める前、生の肉魚を触った後、トイレの後など調理器具や食品の保存容器も清潔なものを使いましょう。

細菌を増やさない

2.細菌を増やさない

食中毒の原因になる細菌は高温多湿で増えやすいので低温で保管する事が大切です。肉魚や惣菜を購入した際はすぐに冷蔵庫にいれましょう。

ポイント 冷蔵保存でも細菌はゆっくり増殖するため、長期保存は避けましょう。

細菌をやっつける

3.細菌をやっつける

食中毒の原因となる細菌やウイルスは、ほとんどが加熱により死んでしまいます。しっかりとした加熱(中心温度75℃1分以上)をしましょう。 肉魚を料理したまな板は熱湯もしくは台所用殺菌剤で殺菌しましょう。

ヒスタミン食中毒について

ヒスタミン食中毒について

赤身魚(マグロ、カツオ、カジキ、ブリ等)やその加工食品などに含まれるヒスチジンは、常温で長時間放置したり、冷凍・解凍を繰り返すなど不適切な食品管理を行う事でヒスタミンに変わっていきます。
また、一度増えたヒスタミンは加熱してもなくならず、ヒスタミンを多く含んだ食品を食べた際に、食中毒が発生します。

主な症状 顔面紅潮、蕁麻疹、頭痛、発熱

対策

1.新鮮な食品を購入し、冷蔵で保管をする

ポイント 冷蔵保管しても長期間になるとヒスタミンが増える事があるので注意が必要です。保管期間が長い場合は冷凍保管をしましょう。

2.冷凍・解凍の繰り返しを避ける

ポイント 解凍する時は低温で短時間のうちにしましょう。


本日のレシピ 野菜の生姜マリネ

酢の防腐効果を利用した、夏におススメの献立を紹介します

栄養量(1人分):エネルギー101kcal・たんぱく質 1.0g・脂質 6.8g・食塩相当量 0.03g

オクラとエノキの冷奴

材料(3人分)

  • オクラ………5本
  • きゅうり……1/3本
  • ミニトマト…9個
  • 玉葱…………1/4個
  • 酢……………大さじ3
  • オリーブ油…大さじ2
  • 砂糖…………大さじ1
  • おろし生姜…小さじ1
  • 黒こしょう…少々

※写真は3人分です

作り方

  1. オクラはへたを取りゆで、斜め半分に切る。
    ミニトマトはへたを取り、半分(大きければ1/4)に切る。
    胡瓜は厚めにスライスをする。
    玉葱は繊維に沿って薄くスライスをする。
  2. ビニール袋に酢、オリーブ油、砂糖、おろし生姜を混ぜ合わせ、マリネ液を作っておく。(黒こしょうはお好みで入れておく。)
  3. 1の野菜を2のマリネ液に入れて、1晩漬ける。
  4. 器に盛り付ける。