ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2010年10月号 『ムセ』は危険!?

食事や飲み物でムセることはありませんか?ムセは、飲食物が気管支の方へ入りかけた時に、吐き出そうとして起こります。吐き出しきれなかった飲食物が気管支や肺に入ってしまう事を誤嚥(ごえん)と言い、誤嚥(ごえん)性肺炎の原因となります。飲み込む力が弱い方や、麻痺などで、うまく飲み込めない方は特に注意しましょう。また、吐き出そうという力が弱っていると、ムセていなくても誤嚥している事があるので要注意です。

                

誤嚥(ごえん)を防ぐ為には…

① パサついたおかずは あん かけに。

パサついて口の中でバラバラになる魚料理などでも、あんかけにする事で喉ごしが滑らかになり飲み込みやすくなります。

② 水分はゼリー状にしたり、トロミを付ける。

実は、サラサラの水分が一番むせやすいため、ゼラチンや増粘剤を使ってゼリー状やトロトロ状にすると安全に水分補給が出来ます。

③ 飲み込みやすいものを選ぶ。

カステラ・焼き芋などパサつく食品は口の中の水分を取られてしまい飲み込みにくいので注意しましょう。