ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2010年12月号 褥瘡(床ずれ)と栄養

褥瘡ができる原因とは???

褥瘡(床ずれ)と栄養長時間、体勢を変えずにいると同じ場所に体重がかかってしまい、血液の流れが悪くなり、褥瘡ができてしまいます。身体的に問題なく動ける方は椅子にずっと座っていたとしても定期的にお尻を動かしたり、足を組みかえたりと自然と体重のかかる位置を変えることができます。しかし、麻痺のある方や寝たきりの方は自然に体重のかかる位置を変えることができない状態にある為、定期的に体位交換を行なう必要があります。

特に、栄養状態が悪くて痩せている方は硬い骨と寝具の間にクッションとなる適度な脂肪や筋肉がないため褥瘡ができやすいので注意しましょう。

褥瘡予防に必要な食事とは???

  • 食事はバランス良く3食きちんと摂りましょう。
  • 肉や魚、果物などは毎日食べるようにし、たんぱく質やビタミン不足にならないようにしましょう。
  • 脱水にならないよう水分をしっかりとりましょう。
  • 飲み込みが難しくムセやすい方はペースト状やムース状の食事にする工夫をしましょう。
  • どうしても、食欲がわかない場合には栄養補助食品などで効率良く、必要な栄養素を取り入れることも良いでしょう。