ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2011年1月号 骨粗(こつそ)しょう症の予防

骨粗しょう症とは、加齢などに伴い骨がスカスカになってしまう病気です。骨折しやすくなり、骨折すると筋力が衰え、そのまま寝たきりになってしまうこともあります。丈夫な骨を維持するためには、

カルシウムを多く含む食品を十分に摂りましょう

  • 牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品
  • 大豆製品や海藻類・小魚などの魚介類

カルシウムの吸収を高めるビタミンD・マグネシウムを一緒に摂りましょう

  • ビタミンD…鮭・うなぎ・さんま・干しいたけなど
  • マグネシウム…玄米・納豆・牡蠣(かき)・ごま・ほうれん草など

適度な運動と日光浴

  • 運動は骨に刺激を与え、骨を強くします。また、日光を浴びると、体内でビタミンDが作りだされるため、晴れた日の散歩は効果的です