ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2011年5月号 肥満の予防・改善

肥満の予防・改善肥満は糖尿病や心筋梗塞・脳梗塞などの病気を引き起こす危険があるだけでなく、立つとき、歩く時に足(特に膝(ひざ))にかかる負担が大きくなります。

負担をかけないようにと動かなくなると、筋力が低下していき足腰が弱くなってしまい、その結果寝たきりになってしまう事も少なくありません。
肥満の予防・改善のために食生活を見直してみましょう。

肥満の予防・改善のポイント

  • 1日3食きちんと食べ、体のリズムを整え、必要な栄養はしっかりとりましょう。
    よく噛んで食べると満腹感が出て食べ過ぎを防ぎます。
  • 野菜をたくさん食べましょう。カロリーを抑える事ができ、便秘にも効果的です。
  • 揚げ物・甘い物は食べ過ぎないようにしましょう。
  • おやつは、時間と量を決めて、少しを美味しく食べましょう。
  • 散歩や軽い体操などを日課にして、体を動かしましょう。
  • 自分だけの判断で無理な減量はしないで、減量が必要か、または何kgくらい減量するかなど、医師または栄養士に相談してから取り組みましょう。