ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2011年6月号 食中毒に気をつけよう

食中毒に気をつけよう梅雨時は不安定な気候が続き、体調が崩れやすくなります。湿度も高くなるため、胃腸の機能が低下して食が細くなりがちです。さらに、食中毒も発生しやすい時期ですので、健康管理にも注意が必要です。

食生活での注意点

① 食中毒予防効果のある食材を食べる

  • 食中毒予防効果のある食材を食べる香味野菜
  • 生姜・ねぎ・ミョウガ・シソなどの香りの成分には殺菌作用があり、腸内の悪玉菌を退治してくれます。刻んだり、すりおろしたりして料理に加えることで味にアクセントがつき、食欲も増します。また、食べ物の消化を助けてくれます。
  • 発酵食品
  • 納豆・みそ・ヨーグルトなどの発酵食品も腸内の悪玉菌を退治して、おなかの調子を整えてくれます。

② 手洗いを行う

手の上には雑菌や食中毒菌がたくさんついています。食中毒予防のため、料理や食事の前には、石鹸で手洗いを行いましょう。