ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2011年10月号 ムセについて

ムセについてムセは飲食物が気管へ入りかけたときに、吐き出そうとする自己防衛 反応で起こります。吐き出しきれなかった飲食物が気管や肺に入ってしまうことを誤嚥(ごえん)といい、肺炎の原因となります。高齢になると  食べ物を飲み込む力や咳をする力が弱くなるので、特に注意が必要です。

誤嚥しやすい食品

  1. 水分(水、お茶、ジュースなど)
  2. のどにはりつくもの(のり、わかめ、もち、パンなど)
  3. 酸味の強いもの(酢の物、かんきつ類など)
  4. パサつくもの(ゆでたまご、ふかし芋、高野豆腐など)

食事の前に口の体操を行いましょう!!

飲み込む力を鍛えて、唾液の分泌を促す効果があるため誤嚥の予防になります。

  1. ゆっくりと首を前後・左右に動かし、ぐるっと回す
  2. 肩の上げ下げをする
  3. 頬をふくらませたり、ひっこめたりする
  4. 舌を出したり引っ込めたり、左右に動かしたりする
  5. パ・タ・カ・ラと一文字づつ発声する