ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2012年1月号 骨折にご用心!

骨粗鬆症とは

加齢や生活習慣が要因となり、骨がもろくなり骨折しやすくなる病気です。
骨折すると、筋力が衰え、そのまま寝たきりになってしまうこともあります。

こんな生活していませんか?

カルシウム不足や運動不足、過度の飲酒、日照不足、極端なダイエット...。
こんな生活を繰り返すことによって骨粗鬆症になってしまうことがあります。

予防方法

  • 骨折にご用心!カルシウムを多く含む食品を摂りましょう。(牛乳やチーズなどの乳製品、小魚や干しエビなどの魚介類、大豆製品など。)
  • カルシウムの吸収を高めるビタミンDを摂りましょう。(干しシイタケやうなぎ、さんまなど)
  • 骨を丈夫にするために適度な運動、日光浴をしましょう。
  • また、加工食品や炭酸飲料、インスタント食品などはカルシウムの吸収を妨げますので摂りすぎには注意しましょう。