ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2012年9月号 便秘を予防しよう!

便秘は食事量や水分量の不足、運動量の不足などが主な原因で起こります。さらに高齢になると消化機能の低下と共に食事量が低下し便秘になりやすいと言えます。

毎日の運動や規則正しい食生活を心掛け、それらを継続することが便秘の予防となるでしょう。

便秘予防のポイント

①1日3食バランスよくしっかり食べましょう

  • バランスのいい食事がお腹のリズムを整え、排便をスムーズにします。

②食物繊維をしっかり摂りましょう

  • 食物繊維は腸を刺激し、便をやわらかくして便通をよくします。

③適度な油や刺激物(香辛料や酢など)を摂りましょう

  • 油は排便の際の潤滑油となり、刺激物は腸を刺激し排便を促します。

④ヨーグルトや乳酸菌を摂りましょう

  • 乳酸菌は善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。

⑤水分をしっかり摂りましょう

  • しっかりと水分補給することが快便につながります。
  • 起床時にコップ1杯の冷たい水を飲むと腸が刺激され排便が促されます。
⑥便意を感じたら我慢せずすぐにトイレに行きましょう
  • 我慢していると神経が麻痺し便意を感じなくなってしまい便秘になることがあります。

⑦適度な運動と睡眠を心掛けましょう

  • 運動する事で腸の働きが活発になります。
  • ストレスや疲労は便秘の原因となるのでしっかり睡眠をとりましょう。
便秘を予防しよう!