ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2013年3月号 間違ったダイエットは危険です!

間違ったダイエットは危険です! ダイエットに挑戦中またはこれからチャレンジしたいとお考えの方は、間違ったダイエット方法に注意してください。太りやすく痩せにくい体になってしまったり、栄養が偏って健康を害してしまったりする危険があります。

食事を抜く、または極端に食事量を少なくすると…

体が飢餓状態になったと思い、基礎代謝を下げエネルギーを温存し、食事からの栄養をより多く吸収するようになります。

ビタミンやミネラルが不足するとエネルギーを燃焼させることができずに蓄えてしまいます。

運動をせず、摂取エネルギーを減らすだけのダイエットは、筋肉量が減ってしまい基礎代謝が低下します。一時的に体重は減りますが、筋肉量が減ることで痩せにくい体を作ってしまいます。

炭水化物抜きや野菜だけ、またはリンゴなどの単品のみを食べる方法は…

間違ったダイエットは危険です! 炭水化物は効率の良いエネルギーで、脳の唯一のエネルギー源となる糖の主原料です。そのため、極端に少なくなると一日中ボーっとしたり、活動する気力が低下してしまいます。

野菜のみや、単品ダイエットは鉄分、タンパク質、カルシウムといった重要な栄養素が摂れないため、痩せたとしても、体調を崩すのは必至です。
食事の回数は3食きちんと摂り、量を極端に減らすのではなく偏りをなくし1日に必要なエネルギーからやや控えめにするのが望ましいです。

間違ったダイエットは危険です!