ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2014年5月号 高齢者の便秘について

高齢者の便秘について人は加齢と共に便秘になりやすくなります。原因は腸の機能の衰えや水分不足、食事量の減少、薬の副作用などがあります。便秘になるとお腹が張ったり、食欲が無くなったりします。また、トイレでの力み過ぎは血圧が上がり脳卒中になる危険性もあります。腹筋に力を入れて便を押し出そうとする時、血圧が急に上がり脳の血管が破れてしまうからです。便秘を予防して健康で過ごしましょう!

便秘予防と解消のポイント

①規則正しい生活リズムを身に付ける

朝・昼・晩 時間を決めて食事をすることで生活のリズムが整い、排便がスムーズになります。

②便意を感じたら、すぐにトイレに行く

我慢していると神経が麻痺して便意が感じなくなり便秘になります。

③適度な運動をする

散歩や家事、体操などをして腸の働きを良くしましょう。

④食物繊維を摂る

野菜・果物・豆・キノコなどは便を柔らかくする作用があります。

⑤ヨーグルトなどを食べる

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌などの乳酸菌には整腸作用があります。

⑥水分補給をこまめにする

水分を補給することで便を柔らかくします。


高齢者の便秘について