ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2014年11月号 風邪をひかないために

なぜ風邪をひくの?

風邪のほとんどはウイルスが原因です。ウイルスは乾燥を好み、空気が乾燥する冬場は感染が広がりやすくなります。また栄養不足・寝不足などで体力・抵抗力が弱っていると、体内に入ってきたウイルスを排除しきれず風邪の症状が現れます。

風邪の予防には

抵抗力をつける

栄養バランスの取れた食事を3食きちんと摂り、食生活を整える。

しっかり摂りたい栄養素

  • 風邪をひかないためにビタミンC 風邪に対する抵抗力を高める。
    みかん・キウイフルーツなどの果物、ブロッコリー・ほうれん草等の野菜類・イモ類。
  • ビタミンB1 疲労回復。
    豚肉・魚介類など
  • ビタミンA 鼻やのどの粘膜を保護する。
    ほうれん草・人参・南瓜等の緑黄色野菜、うなぎ、卵・チーズなど
  • たんぱく質 基礎体力をつけ抵抗力を高める。
    魚介類・肉類・卵・大豆製品など
  • 体を温める食品
    ねぎ・にら・にんにく・玉葱・生姜・唐辛子など

体力をつけ、疲れを残さない

  1. 風邪をひかないために 適度な運動
  2. 入浴で体を温める
  3. しっかり睡眠をとる

ウイルスの侵入を防ぐ

  1. 風邪をひかないために マスクでウイルスの侵入を防ぐ
  2. 手洗い・うがいでウイルスを除去する
  3. 加湿器や濡れタオルで適度な加湿をする

風邪をひかないために