ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2015年4月号 春の食材

春の食材 春の食材と言えば…菜の花や、たらの芽やワラビなどの山菜、春キャベツに新玉ねぎ、鯛や鰹、アスパラガスや筍など、色々な食材が頭に浮かびます。その中から今回は筍について紹介します。

栄養素

春の食材 筍を茹でた時に表面に付着する白い粉はチロシンと言う物質で洗い流す必要はありません。筍は低エネルギーで食物繊維を多く含む為、ダイエット中の方や便秘の方におすすめの食材です。筍に多く含まれるカリウムには、食塩の排出を促すことによる血圧低下の効果があります。

美味しい筍の見分け方

全体的に太めで、根元よりも中間部の方が膨らんでいる釣鐘型の物。
節目の間隔が狭い物。根元のイボが小さい物。切り口が変色しておらず新鮮な物。

筍の茹で方

  1. 春の食材まず穂先の部分を斜めにカットします。次に縦に穂先から半分くらいのところまで切り込みを入れます。
  2. 鍋に筍とたっぷりの水を入れ、米ぬかと赤唐辛子を入れ中火で茹でます。
    (※米ぬかはアクを抜く為に、赤唐辛子は米ぬかの臭みを取る為に入れます。米ぬかがない場合は米のとぎ汁で代用して下さい。)
  3. 煮立ったら弱めの中火にして、筍の根元の部分に竹串がすっと刺さるまで茹でます。(約30~40分)
  4. 火を止め、そのまま冷まします。

春の食材