ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2016年3月号 だしのうま味について

血圧は日本で最も多い生活習慣病で、心臓病や腎臓病などの疾患を招く恐れもあり、予防が非常に重要とされています。生活習慣病の予防、特に高血圧症の予防を目的として食塩の摂取目標量が定められていることはご存知でしたか?また、普段私たちはどれくらいの塩分を摂取していると思いますか??

塩分摂取目標量と実際の摂取量の比較

だしのうま味について 右のグラフのように目標までには、あと約2gの減塩が必要です!
でも薄味にすると料理がまずくなるし…と思われるかもしれませんが、減塩も出来てさらにおいしく食べられる方法があります。
それが、みそ汁や煮物の調理時に使用する“だし汁”の利用です。
市販の粉末だしを、みそ汁1杯分(1g)使用すると、約0.4gの塩分をだし汁から摂取することになりますが、自分で取っただし汁を利用すると塩分はほぼ0gとなります。だし汁を取るのは面倒に思われるかも知れませんが、意外と簡単に作ることが出来ますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

だし汁の作り方

作り方

  1. だしのうま味について 鍋に水1,000ml及び昆布を入れ、30分~1時間おき、中火にかける。
  2. 沸騰直前に昆布をひき上げ、沸騰したら火を止める。
  3. 一呼吸置いてから削り節を加え、そのまま2分ほどおく。
  4. ぬらしたペーパータオルを敷いたこし器をボールで受け、③をこす。

春野菜の含め煮