ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2016年11月号 ノロウイルス 家庭での感染予防

ノロウイルス感染症とは

乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症です。
症状としては、熱が出て嘔吐や下痢を繰り返します。体力がない乳幼児や高齢者で重症化する例があります。嘔吐物を誤嚥(ごえん)し、誤嚥性肺炎を併発して死亡する場合もあります。

ノロウイルス感染症の特徴

  1. ノロウイルス 家庭での感染予防牡蠣(かき)などの二枚貝の生食による食中毒が有名ですが、学校など多くの人が集まる場所では
    • ノロウイルスに感染した人の手指等に付着したウイルスがドアノブ等を汚染し、それに接触した手指等を介してウイルスが口から入った場合
    • 感染者の下痢便や嘔吐物が飛び散り、その飛沫(ノロウイルスを含んだ小さな水滴)を吸い込んだ場合
    • 感染者の嘔吐物の処理が不十分なため、それらが乾燥してチリやほこり(塵埃)となり空気中を漂いそれを吸い込んだ場合
    など、ヒトからヒトへ感染し集団感染へと拡がる事も少なくありません。
  2. 原因となるノロウイルスは、アルコール消毒剤や熱に対して抵抗力があり、また感染力も強いです。
  3. 一度かかっても何度も感染します。
  4. 主に冬場に多いですが、年間を通して発生します。

家庭で出来る予防策

  1. ノロウイルス 家庭での感染予防こまめに流水・石けんによる手洗いをしましょう。
  2. 牡蠣や貝類を食べる際は、十分に加熱調理をしましょう。
  3. 感染者の糞便や嘔吐物の処理は、使い捨て手袋・マスクを使用し直接触れないようにしましょう。また、拭き終わった場所は台所用漂白剤で消毒しましょう。
    ふき取った雑巾・タオルはビニール袋に入れて密封し、ウイルスが飛び散らないよう配慮し捨てましょう。
  4. 規則正しい食生活で体調を整え、免疫力アップを図りましょう。

レアチーズ風マシュマロヨーグルト