ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2017年3月号 アルコールについて

アルコールについて 一般に年齢を重ねると、アルコールの代謝能力が低下していきます。また、多量な飲酒を続けていると高血圧などの生活習慣病につながったり、肝機能や認知機能の低下、骨密度が低下したりすると言われています。春になり、お花見のシーズンに入りますが、「適量」や「お酒との付き合い方」を守って、お酒と長く付き合っていきましょう。

適量とは?

アルコールについて 厚生労働省が推奨している「健康日本21」では1日平均純アルコール量20g以内となっています。これを実際の量に直すと、以下のようになります。(男性より女性の方が小柄であることから、女性の方が少ない量が適量となります)
ビール・チューハイ:ロング缶1缶(500ml)/ワイン:200ml(グラス2杯程度)/日本酒:1合(180ml)/焼酎:半合(90ml)

お酒との付き合い方

アルコールについて
● お酒だけ飲むのではなく、食事と一緒に飲む 食べながら飲むことで、飲みすぎの防止にもつながります。
食事のバランスにも注意しましょう。だし巻き卵、アサリの酒蒸し、湯豆腐などを主菜に、副菜としてこんにゃく田楽や、野菜サラダやスライストマトなど野菜類をそろえると良いでしょう。

● お酒は適量を守って
退屈を紛らわす一人酒は、ついつい飲み過ぎてしまいます。
お酒は家族や友人と楽しく飲むようにしましょう。また、週2回以上の休肝日を設定しましよう。

● 薬とは一緒に飲まない
アルコールを一緒に飲むことで薬の吸収が良くなるため、作用が強く出てしまうことがあります。特に睡眠薬との併用には注意が必要です。

● 肝臓などの検査を定期的に自ら進んで検査を受けましょう
健康診断は年に1回受けることをお勧めします。


アルコールについて