ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2017年5月号 減塩食に慣れましょう

減塩食が推奨される理由

塩分の摂り過ぎが高血圧症の原因になることは、よく知られています。高血圧症は心臓病や脳卒中などの誘因になります。そのような生活習慣病の予防のために1日の塩分摂取目標量が男性8g、女性7g(日本人の食事摂取基準2015版)と設けられているのに対して、実際は1日に男性11.0g、女性9.2g(H27年国民健康・栄養調査)と約2g~3g多く摂っています。さらに、味覚は加齢に伴って鈍くなってきます。知らずしらずのうちに濃い味付けになり、塩分の摂り過ぎになりやすいので注意することが大切です。

減塩のコツ

減塩食に慣れましょう

2017年5月号 減塩食に慣れましょう