ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2017年12月号 おせち料理

おせち料理

2017年も終わりに近づき、新年を迎えようとしています。行事感が薄れているといわれる現代でも、お正月は別格。おせち料理は毎年欠かさず食べる方も多いのではないでしょうか。今回はおせち料理について紹介します。

おせち料理の詰め方(三段重ねの場合)

おせち料理の詰め方(三段重ねの場合)
  • 一の重 お屠蘇と食べる祝い肴と、前菜にあたる口取り(かまぼこ、伊達巻きなど)を詰めます
  • 二の重 なますや甘酢漬けなどの酢の物を詰めます
  • 三の重 煮物や焼き物などのメイン料理(煮しめやのし鶏など)を詰めます

祝い肴

祝い肴にはおめでたい願いが込められています。ここでは栄養のポイントも一緒に見ていきましょう。

田作り かずのこ たたきごぼう 黒豆

関西では田作り、かずのこ、たたきごぼうを祝い肴三種と呼びます。関東ではたたきごぼうの代わりに黒豆が入ります。

おせち料理は栄養の宝庫

普段は口にしないおせち料理。実は肉、魚、野菜、海藻、豆、芋…とあらゆる食品が摂れる栄養の宝庫です。
ただし塩分や砂糖も多く含まれるため、摂りすぎに注意が必要です。いろいろな食品を少しずつ味わうようにして、美味しく健康的に新年を迎えましょう。


おすすめレシピ 煮しめで炊き込みご飯~余ったおせちでアレンジ~
煮しめで炊き込みご飯~余ったおせちでアレンジ~

栄養量(1人分):エネルギー 300kcal/たんぱく質10g/脂質1.2g/食塩相当量0.9g

作り方

  1. 米は洗い、ザルに上げておく。
  2. 煮しめを1cm角程の大きさに切る。
  3. 炊飯器に米と調味料を入れる。だし汁は通常に炊く時の水量線までを目安に入れ、切った煮しめを加えて炊飯する。
  4. 絹さやは筋をとり、塩を入れた熱湯でゆでて水に取る。粗熱が取れたら水気を切り、幅1cm位に切っておく。
  5. ご飯が炊き上がったら10分程蒸らし、しゃもじで混ぜ合わせる。器によそい、上に絹さやを散らして出来上がり。

材料(1人分)

煮しめで炊き込みご飯~余ったおせちでアレンジ~
  • 米………………75g
  • おせちで余った煮しめ
    鶏もも肉…10g、こんにゃく…5g、ごぼう…5g、人参…5gなど
  • 絹さや………5g
  • だし汁………90g
  • 調味料
    塩…0.1g、酒…2.5g、みりん…2.5g、薄口醤油…4.5g