ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2018年1月号 スマイルケア食

スマイルケア食とは?

スマイルケア食

「安全に口から食べる」を続けるために、さまざまな特徴をもった食品です。
これまで「介護食品」と呼ばれてきた、噛むこと・飲み込むことが難しい方向けの食品だけではなく、低栄養の予防につながる食品なども取り入れて分類された「新しい介護食品」です。

どんな時に必要になるの?

どんな時に必要になるの?
  • 飲み込むことや、噛むことが難しくなったとき
  • 今までのようなかたちの食事が食べにくくなったとき
  • 食事が進まず、歩くのが遅くなった、歩けない、ふらふらするなどが気になったとき
  • 食欲がない、元気がなくなってきたと感じたり、ぼーっとしたりするとき

食べる量が減り、体重が減ってくるような状態を放っておくと、さらに食べる事が難しくなる可能性もあるため、このような食品の選択が必要になります。

スマイルケア食の選び方

分類の見方

青マーク

青マーク: 噛むこと・飲み込むことに問題はないものの、健康維持上栄養補給を必要とする方向けの食品

黄マーク

黄マーク: 噛むことに問題がある方向けの食品

赤マーク

赤マーク: 飲み込むことに問題がある方向けの食品

出典:農林水産省

販売されている商品にこのマークがついていますので、マークの色分けを参考に商品を選択します。このように、飲み込むことや噛む力に問題があって食事が摂れない場合は、軟らかさや大きさ、粘度を飲み込みの力にあったものを選択することが必要です。まだまだ市販の商品の数も少なく十分ではありませんが、ご自宅の調理方法の工夫や食材の選び方で作ることもできますので、ご紹介します。

調理方法の工夫

調理方法の工夫
  • 魚は焼き魚より煮付けにし、身をほぐす
  • 肉類はミンチ肉を使用し、水分の多い野菜を入れたり、豆腐を入れたりしてまとめてミートボール風にして使用する
  • 卵は茶碗蒸しのように、ふんわり固める
    (茶碗蒸しにする場合の具材は、豆腐など軟らかいものを選択する)

おすすめレシピ 豆腐と卵のふわふわあんかけ
豆腐と卵のふわふわあんかけ

栄養量(1人分):エネルギー 110kcal/たんぱく質9.4g/食塩相当量1.2g

作り方

  1. 豆腐をボールに入れ、泡だて器でかき混ぜて潰す。
  2. 卵を割りいれ、さらに混ぜる。
  3. 電子レンジ対応の容器に入れ、レンジ(600W)で1分加熱する。
  4. 追加で1分、さらに30秒を2回、加熱を繰り返し固める。
     (固まっていなければ、様子を見ながら10秒ずつ追加して加熱する。)
  5. Aの調味料を鍋に入れて、トロミがつくまで火にかける。
  6. ④をお皿へひっくり返し、⑤のあんをかけ、上にカニカマボコと青ねぎをトッピングし完成。

材料(1人分)

  • 卵…………………1個
  • 絹ごし豆腐………1/2丁(150g)
  • A
    • 水……………150ml
    • 片栗粉………小1
    • うす口醤油…大1
    • みりん………小1
  • カニカマボコ……2本
  • 青ねぎ……………2本