ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2018年6月号 食中毒を予防しよう

主食

どうして食中毒になるの?

食中毒の原因となる細菌やウイルスなどに汚染された食べ物を食べることによって、下痢や腹痛、発熱、吐き気などの症状が起きます。食中毒の原因によって、食べてから症状が出るまでの時間はさまざまです。ただ、家庭での発生は症状が軽かったり、風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります。あなたの食事作りをチェックしてみましょう。食中毒予防のポイントは6つです。

①食品の購入

①食品の購入

表示のある食品は消費期限などを確認し、生鮮食品は新鮮なものを購入しましょう。購入した食品は、肉汁や魚などの水分がもれないようビニール袋などに入れて持ち帰りましょう。生鮮食品などの温度管理が必要なものは買い物の最後に購入しましょう。保冷が大切です。

②家庭での保管

②家庭での保管

持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。冷蔵庫・冷凍庫は詰め過ぎないようにしましょう。めやすは7割です。冷蔵庫に入れておくと細菌が死ぬわけではないので、早目に使いきるようにしましょう。

③下準備

③下準備

冷凍したものを室温で解凍すると、食中毒菌が増殖する場合があるので、調理台に放置したまま解凍することはやめましょう。生の肉や魚を切った包丁やまな板で、生で食べる果物や野菜、調理が終わった食品を切ることはやめましょう。

④調理

④調理

まず、手を洗いましょう。加熱することにより、食中毒菌を殺すことが出来るため、十分に加熱をしましょう。目安は中心部の温度が75℃で1分間以上加熱することです。

⑤食事

⑤食事

食事前にも手を洗いましょう。
食事は長時間室温に放置しないようにしましょう。

⑥残った食品

⑥残った食品

残った食品は、早く冷めるように小分けにして保存しましょう。時間が経ちすぎている場合は臭いや色の変化がなくても捨てましょう。作り置きはし過ぎないようにしましょう。


おすすめレシピ 鶏もも肉の酢っぱ照り焼き
鶏もも肉の酢っぱ照り焼き

お酢は疲労回復や減塩効果があり、食中毒予防も期待出来ます。

栄養量(1人分):エネルギー 241kcal/たんぱく質13.7g/脂質 11.2g/食塩相当量1.4g

作り方

  1. 鶏もも肉は厚さが均一になるように、包丁で切り込みを入れて広げる。
  2. 温めたフライパンに皮が下になるように置き、強火で焼き色がつくまで焼き、ひっくり返し料理酒を加えて蓋をして中火で5分蒸す。
  3. ②にAを加え強火でフライパンを揺すりながら、照りがつくまで焼く。

材料(1人分)

  • 鶏もも肉……80g
  • 料理酒………大さじ1
  • A
    • 酢………大さじ1
    • 砂糖……大さじ1
    • みりん…大さじ1/2
    • 醤油……大さじ1/2

アレンジ

  • ・お弁当のおかずに
  • ・ご飯に錦糸卵やもみ海苔と一緒に乗せて丼に
  • ・晩ごはんの主菜に
  • ・冷やし麺のトッピングに
  • ・生野菜と一緒におかずサラダに