ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2018年7月号 脱水予防 ~今のあなたに必要な水分は?~

水分補給

気温が上がってくると「脱水に注意しましょう」「水分をしっかりとりましょう」などTVなどで耳にする機会が増えてきます。特に高齢者は脱水症になりやすいため、予防が必要です。適切な予防方法として、どのような水分をどのくらい飲めばよいのか考えてみましょう。

体調や環境に合わせた水分の選択

流れる程の汗をかいた場合、発熱や下痢などがある場合は、身体から失われるミネラルや塩分、糖分などを補うためにスポーツドリンクを選択しましょう。それ以外の場合は、食事がしっかり食べられていれば、スポーツドリンクを飲むことで塩分、糖分などが過剰となる可能性があるので、水かお茶が適しています。

発熱・下痢など 食欲 運動の程度 適した水分
なし あり 散歩程度の軽い運動 水かお茶
なし あり 流れる程の汗をかく運動 スポーツドリンク
なし なし なし
あり あり、なしとも なし

1日に必要な水分摂取量

1日に必要な水分摂取量

65歳以上の高齢者の目安は、体重×30mlと言われています。

例えば体重50kgの場合は1500mlとなります。食事からも水分は補えるので、ここから食事に含まれる水分量(約800ml)を引いた、最低でも700mlを飲み物でとる必要があります。(発熱が見られるような場合等、必要に応じて増量します)

水分の摂り方

1水分の摂り方

喉が渇いてから飲むのではなく、こまめに飲みましょう。飲むのを忘れがちな方は、起床時、毎食後、就寝前の5回に分けるなどタイミングを決めるのも良いでしょう。

また、腎疾患や心疾患のある場合は、個別に対応が必要です。管理栄養士にご相談ください。


おすすめレシピ 塩レモネード
塩レモネード

炭酸でスッキリ飲みやすく、夏バテで食事がとれない場合の水分としておすすめです。

栄養量(500ml分):エネルギー124kcal/たんぱく質0g/脂質0g/食塩相当量1.5g

作り方

  1. 炭酸水以外を容器に入れて混ぜる。
  2. 全部混ざったら炭酸水を加える。
レモン

材料

  • 炭酸水……500ml
  • 水…………10ml
  • レモン汁…大さじ1
  • 塩…………小さじ1/4
  • はちみつ…大さじ2