ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2018年9月号 防災

9/1は防災の日です。備蓄食品の見直しをしませんか?

食品の備蓄

食品の備蓄

食品の備蓄で、まず必要なものは水です。飲料水として1人1ℓ/日の水が必要です。調理に使用する水も含めると1人3ℓ/日くらい準備しておくと安心です。物資がすぐに配給されないことも想定されるため、最低でも3日分の食料品を準備しておくとよいでしょう。ライフラインが止まった場合は電気、ガス、水道がすぐには使用できないので、缶詰など調理せずに食べられるものを準備しておくとよいでしょう。また高齢者や乳幼児、食物アレルギーや疾患をお持ちの方は自分に合った食品を備えておくことも大切です。

ローリングストック法について

ローリングストック法について

保存食を備蓄しておくことも大切なことですが、日常の中に食料備蓄を取り込むという考え方もあります。普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法をローリングストック法といいます。
ローリングストック法は古いものから使用し、使った分は必ずすぐに補充しておきましょう。また、ライフラインが止まった場合も想定して、カセットコンロの準備など調理できる体制も整えておくとよいでしょう。

〜ローリングストック法に適した食材(例)〜
  • レトルト食品
  • インスタント食品
  • 缶詰(ツナ、サバ、焼き鳥、大豆、トマト、果物など)
  • パックごはん
  • レトルト粥
  • 乾麺(スパゲティ、そうめんなど)
  • 乾物(煮干し、野菜、ひじきなど)
  • 日持ちする野菜(じゃがいも、人参、玉ねぎなど)
  • 野菜ジュース
  • 栄養補助食品(ゼリータイプや固形タイプのもの)

栄養不足について

栄養不足について

被災が長期化した場合、救援物資として届けられるものの多くはパンやおにぎり、麺類などエネルギー源となる炭水化物が多く、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足しがちになります。
不足することにより、便秘や倦怠感、免疫低下など体調不良の原因となります。
上記の、ローリングストック法に適した食材例を参考に、備えておくと安心です。


おすすめレシピ 切干大根のサラダ
切干大根のサラダ

備蓄食品を使用したサラダです

栄養量(1人分):エネルギー 44kcal/たんぱく質3.5g/脂質 0.5g/食塩相当量0.4g

作り方

  1. 切干大根を水で戻す。
  2. 人参ときゅうりは千切りに切る。
  3. 切干大根と人参を軟らかくなるまで茹で、水をよく切る。
  4. ③ときゅうり、ツナをドレッシングで和える。

材料(1人分)

  • 切干大根…………………………8g
  • きゅうり…………………………10g
  • 人参………………………………8g
  • ツナ(水煮)……………………10g
  • ノンオイルゴマドレッシング…10g