ホロニクスグループ 栄養管理部

栄養だより

2018年12月号 年末年始の食事

年末年始の食事

年末年始は普段と違った過ごし方になりがちです。それに伴い普段は気を付けている生活習慣が乱れがちになります。

例えば
年末年始の食事

運動量が減少

普段日課にしている運動も知人や家族の訪問などで阻害されることが増え、寒さも相まって外出機会も減少しがちです。

不規則な睡眠時間

見たいテレビなど、普段と違った刺激が多く、睡眠時間が不規則になりがちです。
「年末ぐらい…」「正月だけは…」という思いも浮かんできます。
上記のような生活習慣に付随し、食生活も乱れていきます。

規則的な食事について

規則的な食事について

おせち料理は「正月三が日に主婦を家事から解放する」意味合いもあります。そのため常に出来上がった料理を団欒しながらだらだら食べてしまい、食べ過ぎになりがちです。
その上ある程度保存が効く、温めなくても味がはっきりしている料理が多く、味付けが濃くなり塩分の過剰摂取も考えられます。

だらだら食べるのではなく、普段と同じく3食規則正しく食べましょう。あくまでもおせち料理は副食の一品として考え、バランスの取れた食事を心がけましょう。

餅について

餅について

年末年始にかけて餅は雑煮や焼餅などでついつい多く食べがちになってしまいます。
また、特に高齢者は餅をのどに詰まらせる事故の危険性が高いため、食べる時に工夫が必要です。

市販の切り餅2個でご飯約1杯分と同等のエネルギー量になりますので、食べすぎに注意です。高齢者の方は食べる時に餅を細かく切るなど工夫をしてみましょう。

飲酒について

年末年始は普段にもまして来客が多く、応対時には飲酒がつきものです。
話も盛り上がり飲酒量も増えてしまうでしょう。

飲酒について

おすすめレシピ ほうれん草のおろし和え
ほうれん草のおろし和え

野菜の水気をよく切ることでしっかりと味が付きます

栄養量(1人分):エネルギー 31kcal/たんぱく質2.7g/炭水化物5.4g/食塩相当量0.7g

作り方

  1. Aの材料を全て3cm程度に切りそろえます。
    椎茸とえのきは石づきを取ります。人参は千切りにします。
  2. 春雨は半分にカットします。
  3. 鍋にBを入れ、Aの具材を入れます。
    ※人参と椎茸は水から入れ、えのきとかにかまぼこは沸騰してから入れます。
  4. ③に乾燥春雨を入れ、柔らかくなるまで火にかけます。
  5. ④にCを加え、水溶き片栗粉でとろみを付け、お好みでねぎを散らして完成です。

材料(4人分)

  • ほうれん草………………………200g
    (市販で売られている1パック)
  • 大根………………………………300g
  • しらす干し…………………………10g
  • ポン酢しょうゆ……………………28g

ポイント

おせち料理や、お酒のお供にいかがでしょうか?
大根は胃腸を助ける働きがあります。おろしにするとピリリと刺激があり、減塩効果も期待できます。