Vision ビジョンISEIKAI RENAISSENCE

基調講演 飛躍の年 HOLONICS HEALTHCARE 2016

Hospital Revolution & Solution Revolution

病院が病んでいる→病院を治す

エントロピー増大の法則に従って進行するゲシュタルト崩壊にどう立ち向かうか?

病院の「機能不全」と職員の「適応不全」をどう克服するか?

もはや医療は聖域ではない。特別な存在でもない。
医療は農業とか工業と同じような社会的措置の一つです。

生存の法則

働きだけから実体が成り、働きを失うと実体を失う。形態そのものがその生物の生物学的結末を直接決定する。
働きを失った形態(病院も職員も)が至る所に存在している。そして、改革を阻害している(→絶滅種)。そのものがその生物の生物学的結末を直接決定する。

「今、何が起きているのか?」
「そして、これからどうなるのか?」
「我々は今 何を為すべきか?」
「また、変化を拒絶するものは一体何ものなのか?」

「過去の延長線上に未来はない。」
「現在、医誠会が進める病院改革の延長線上に未来はある。」

鳥の目・虫の目・魚の目

魚の目で時代の流れを読み解き、鳥の目で組織全体を俯瞰し、虫の目で細部にこだわる。

パラダイムシフト(価値観の大転換)/ 情報革命、データの世紀を生きる!

十進法(0~9)の世界から二進法(0か1)の世界へ、データの世紀では全て「数値データ」で評価される。
旧来の考え方、旧来のやり方はもはや通用しない(ゲームのルールが変わった)。
時代のキーワードは「透明性」と「効率性」、シーリングの見えた世界、右肩下がり経済下では「生産性」を高めなければ生き残れない。

とどまる為に走る!

人間には二種類の人間しかいない。「今のままで良い」と考える人間と「変わったほうが良い」と考える人間、前者は絶滅種、後者は生存種。
我々の世界と見えるものは「赤の女王の論理」(鏡の国のアリス)に支配されている。
「いいかい。ここじゃ、いくら走っても同じ場所にいられるのがやっとなんだよ。」
生存しているどんな種もすべて、ただひたすらに他の種に追いつこうと、できるだけ速く進化しつつあるといってよい。ある生態系において、ある種が進化的に前進するということは、他の少なくとも一つの種にとっては環境がそれだけ悪化することに他ならない。

法人の「決意」と「覚悟」

社会人と組織人との区別
生まれた国、生まれた場所で自然発生的に存在するのが社会人、組織と個人との雇用契約で成立するのが組織人です。

法人と職員との関係性の再構築
法人と職員との関係性は雇用契約で成立、給与は法人から支給される。従って、職員は「法人のルール」「法人の方針」「法人の指示命令」に従う責務がある。そして、業務上の問題に関する結果責任はすべて法人がとる。

Hospital Revolution & Solution Revolution

アナログ文化の人治組織からデジタル文化の法治組織へ
もっとも組織化に馴染まない病院という組織を、如何にして近代的な組織に脱皮させるか?
また、如何にして「持続可能な医療介護システム」を構築するか?
新たな事業モデルの創造と医誠会独自の統治機構改革の実現、新たな組織システムと新たな組織文化を構築する。

新たな「事業形態」:「メディカルビジネスエコシステム(医療事業生態系)」

(医療を中核とする事業複合体の創造/事業ドメインの決定・インソースとアウトソースの最適化)

医療環境エンリッチメントの整備強化

サブ機能・複合機能を充実強化することでコア機能が輝き、コア機能が輝くことでサブ機能・複合機能 が生きてくるという関係性を構築し、医療技術商業化分野を育成強化することで健康意識の向上、健康 長寿社会の実現を目指す。

フォー・プラス・ワン

新たな「統治手法」:「ホラクラシーMIX型統治」

専門分散した病院では、旧来のようなヒエラルキー型組織より、ホラクラシーMIX型組織の方が「時代 適合性」が高い。

フォー・プラス・ワン

新たな「経営手法」:「 ⑴データドリブン経営 ⑵タレントマネジメントシステム 」 

(1) データドリブン経営(データとアルゴリズムに基づいた「客観性の高い意思決定」を経営の世界で行う。)
(2) タレントマネジメントシステム(社員一人ひとりのスキルや能力、経験を一元管理し、そのデータを人材戦略に生かす。)(CYDAS)
データの世紀では、経験と勘に基づく主観的判断しかできない管理者は管理者失格
変数(経験知識)の少なさと感情の関与が判断精度を低下させる。
→ 答えはAIに聞け!(ベストプラクティス、ベストソリューション)