ホロニクスグループ 栄養管理部

食だより

2020年2月号 大豆について

皆さん、日々の食事で豆類は摂っていますか?
日本人の食生活には欠かせない食品ですが、近年の食の欧米化により、大豆摂取量は不足傾向にあります。
豆類の中でも、大豆は肉に匹敵するほど良質なたんぱく質を含み、別名「畑の肉」と呼ばれています。
今回は、大豆に関する知識を増やして「豆活」をしてみませんか?

大豆について 大豆について

豆類はどのくらい食べたらいいの?

豆類はどのくらい食べたらいいの

大豆の栄養素は?

大豆の栄養素は?

国産大豆(乾燥)100gに対し、33.8gのたんぱく質が含まれています。
大豆のアミノ酸価※は、肉や魚と同様100であり、良質なたんぱく質といえます。
たんぱく質のほかにも、大豆イソフラボンなどの機能性成分も含まれています。
大豆イソフラボンは、大豆胚芽に多く含まれる成分であり、女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ています。
よって、女性ホルモンに似た作用を生じることが知られています。
(出典:厚生労働省 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A)

アミノ酸価とは?

●アミノ酸価とは?

外アミノ酸は食品のたんぱく質を構成する栄養素です。
複数あるアミノ酸のうち、9種類はヒトの体内で合成することができないため、毎日の食事から摂取しなければなりません。
アミノ酸価は、食品中のアミノ酸の種類・量を調査し、たんぱく質の栄養価を判定する方法の一つです。数値が100に近いほど、良質なたんぱく質と判定できます。

大豆製品にはどのようなものがある?

大豆製品を
日々の食事に取り入れよう!
大豆製品にはどのようなものがある?
大豆製品にはどのようなものがある?

本日のレシピ 具沢山でおかずの1品に!! なめらか豆乳味噌汁
なめらか豆乳味噌汁

栄養量(1人分):エネルギー281kcal・たんぱく質12.0g・脂質 18.8g・食塩相当量 1.2g

材料(2人分)

  • 豚小間切れ肉………………………80g
  • 大根……………………………2cm(100g)
  • 人参…………………………1/4本(40g)
  • ごぼう……………………1/3本(60g)
  • しめじ…………………………………30g
  • 白ネギ…………………………………30g
  • ごま油………………………小さじ1杯(4g)
  • 豆乳………………………1カップ(200ml)
  • だし汁……………………3/4カップ(150ml)
  • 合わせ味噌………………小さじ2杯(12g)
  • 濃い口しょうゆ…………小さじ1/2杯(3g)
  • 刻みねぎ………………………適量

作り方

  1. 大根、人参は皮を剥きいちょう切りにする。
    しめじは手でほぐし、白ネギは斜め切りにする。
    ごぼうは笹がきにして水にさらし、水気をきる。
  2. 鍋にごま油を入れ、豚肉を炒める。
    豚肉の色が変われば、大根・人参・ごぼう・しめじを加え、さらに炒める。
  3. だし汁を加え、食材が軟らかくなるまで煮る。
  4. 豆乳と白ネギを加えて弱火でゆっくり温め、味噌と醤油で味を調える。
    豆乳は沸騰させると分離するので、強く煮立てないようにする。
  5. 汁椀に盛り付け、刻みねぎをお好みで散らす。